データ復旧は専門業者に依頼しよう|パソコンの関するエトセトラ

男の人

ウェブメールで作業率UP

Eメール

メールソフトとよく比較されるウェブメールは、メールソフトには無い特徴をいくつも抱えています。最も大きな特徴は、インターネット環境があればいつでもどこでも利用できる、という点です。メールソフトの場合、ソフトをインストールしているパソコンでしかメール機能を利用できません。しかしウェブメールであれば、何かをインストールする必要も無ければ特定の機器のみを扱う必要もありません。ウェブメールはブラウザ上で使用する仕様となっているので、インターネット環境さえ整っていれば自宅以外のパソコンや携帯電話などからでも問題なく利用できます。これはメールソフトには無い、ウェブメールの大きな特徴と言えます。

ウェブメールはメールのデータが本体に保存されないので、インターネット環境が整っていなければメールを送信したり受信したりすることができません。これはウェブメールを導入する前にしっておくべき懸念点の1つです。また、ウェブメールのデータは基本的に保存期間が過ぎると古いものから優先的に削除されていく仕組みとなっています。現在メールサーバー上にデータが残される期間は「2ヶ月」となっています。ここも押さえておくべきポイントの1つです。これらのポイントさえ注意しておけば、メールの送受信や重要なメールの保存などを問題なくこなすことができるでしょう。実際、現在多くの企業がウェブメールを導入しています。ウェブメールを上手に活用して、メールによる作業の効率化を図りましょう。